factm30 かっこいいおじさんになりたい普通のお父さんのブログ

30代後半普通のお父さんの趣味やファッションや物欲の話

年末恒例買ってよかった2021は「石木花のミニ盆栽」。日々の暮らしに身近に四季を感じてみませんか?

今週のお題「買ってよかった2021」

どーも。factm30です。

2021年も残りあとわずか。

昨年に引き続きはてなブログ年末のお題、「買ってよかった2021」をご紹介します。

「買ってよかった2020」の記事はこちらです。

sp500factm30.hatenablog.com

目次

今年を振り返って。

2021年はまだまだコロナ禍の影響で外出する事が少ない一年でした。

購入したものを振り返ってみても、洋服やキャンプ用品などの外向きのアイテムよりも、コーヒー関連の物やインテリア用品、書籍などの内向きのアイテムの方が多かったです。

そんな中、私factm30が「買ってよかった2021」に選んだのは、「石木花のミニ盆栽です。

今年の二月頃、妻と娘が「可愛いね!」と言って購入したのに、半ば世話を押し付けられた(笑)事をきっかけに、ミニ盆栽の魅力にはまっていきました。

過去にも二つ記事を投稿していますので、

sp500factm30.hatenablog.com

sp500factm30.hatenablog.com

当ブログを定期的に読んで頂いている方にはお馴染みかもしれませんが、ミニ盆栽の今年の成長記録と先日新たに購入したミニ盆栽をご紹介したいと思います。

ちなみに、先日テレビ番組のクリスマスプレゼント交換企画で「嵐」櫻井翔さんが、俳優でダンスロックバンド「DISH//」のボーカル北村匠海さんに石木花の「シロシタン」と言うミニ盆栽をプレゼントした事で少し話題になっていましたよ。

ひょっとしてミニ盆栽ブームが来るかも!?

カマツカコケモモと雲竜富士桜の成長記録。

まずは以前記事にしたカマツカコケモモと雲竜富士桜の成長を見ていきましょう。

f:id:sp500factm30:20220515101117j:image

f:id:sp500factm30:20220515101208j:image

カマツカコケモモは今年の2月、雲竜富士桜は、4月の購入時の写真です。

購入時はどちらも、本当に生きていて育っていくのかな?と思った程小さかったです。
f:id:sp500factm30:20211228235252j:image

雲竜富士桜は購入から数日で開花し、

f:id:sp500factm30:20211229234322j:image

派手さは無いものの侘び寂びを感じる満開の葉桜の姿を見る事が出来ました。

f:id:sp500factm30:20220515231245j:image

花がら摘みや、

f:id:sp500factm30:20220515231347j:image

f:id:sp500factm30:20220515231350j:image

伸びすぎた枝の剪定を行った際は「盆栽をいじってる感」を味わう事が出来ました。

f:id:sp500factm30:20220515231935j:image

一方、カマツカコケモモは4月の終わり頃に花の蕾を付け、

f:id:sp500factm30:20220515232618j:image

5月中旬頃に花を咲かせました。

f:id:sp500factm30:20211228235231j:image

花が散った後に付いた実は10月の終わり頃から徐々に色付いてきて、

f:id:sp500factm30:20211228235246j:image

12月になる頃には鮮やかな真っ赤に染まりました。

f:id:sp500factm30:20211228235258j:image

雲竜富士桜はその頃には落葉して「寒樹」と呼ばれる幹と枝だけの状態になり、春を待ちながら冬の寒さを耐えているような姿も魅力的です。

f:id:sp500factm30:20211230105415j:image

丁度その頃根元にびっしり生えている苔が変色したり、一部枯れていたので、

f:id:sp500factm30:20211229000017j:image

石木花さんで張替え用の苔を購入して苔の張替えを行ったのですが、私より娘の方が器用に作業してくれました。
f:id:sp500factm30:20211228235220j:image

娘の作業風景です。

f:id:sp500factm30:20211230001833j:image

f:id:sp500factm30:20211230001839j:image

とても鮮やかなグリーンになりました!
f:id:sp500factm30:20211228235214j:image

常緑樹であるカマツカコケモモも屋外管理なので紅葉して来たのですが、先日強い寒波が到来した際、屋内に取り入れて紅葉の様子を観察していると2個あった実が見当たりません。

周囲を見渡しても実は落ちていませんでしたが付近には鳥のフンらしきものが・・・。

どうやら鳥に食べられた様でショックを受けましたが、鳥にとって美味しそうに見えたのなら正しい育て方が出来ていた証だと、前向きに考える事にしました(泣)。

f:id:sp500factm30:20211230212743j:image

3つ目の石木花のミニ盆栽はゴヨウマツ。

先日新たに仲間に加わったのは、盆栽の定番である松の一種「五葉松(ゴヨウマツ)」。

葉が5枚で一対となっている事が五葉松の名前の由来ですが「御用を待つ」と言う語呂合わせから「仕事(御用)を待つ」、「良い仕事が舞い込むように」と願いを込めた商売人に人気のある、縁起の良い植物と言われています。

小さいながらも、良く詰まった葉の姿と盆栽用語で「曲(キョク)」と呼ばれる針金を掛けてクネっと曲げられた幹は貫禄たっぷりです。

f:id:sp500factm30:20211228235243j:image

これで我が家のミニ盆栽は三つになった訳ですが、ただ単に三つ並べるだけなのも味気ないので石木花さんで「黒柿」の地板も購入してその上に飾る事にしました。

樹齢100年を超える柿の木の中で、ごく稀に黒い紋様があらわれることがありそのような柿の木は「黒柿」と呼ばれ、その希少価値や再現性の無さから幻の銘木と呼ばれているそうです。

f:id:sp500factm30:20211228235240j:image

自然が作り出した黒い木目の美しさは盆栽との相性も抜群です。
f:id:sp500factm30:20211228235211j:image

f:id:sp500factm30:20211229000014j:image
f:id:sp500factm30:20211228235209j:image

黒柿の地板のおかげで盆栽の世界観により深みが増した様な気がします。

最後に。

はてなブログのお題「買ってよかった2021」に選んだ「石木花のミニ盆栽」をご紹介しましたがいかがでしたか?

石木花のミニ盆栽を購入した事で、水やり等の世話をする為に規則正しい生活を心掛けたり、一日の天気や気温の変化を気にして置く場所を考えたりと、毎日の生活スタイルが少しだけゆったりとした良い方向に変化した一年になりました。

しかし盆栽とは言っても堅苦しいものでは無く、観葉植物や多肉植物(サボテン等)とは一味違う、お洒落なグリーンインテリアとしてこれからも日本の四季を身近に感じながら育てていきたいと思います。

今後本格的な盆栽に目覚めて、当ブログが「頑固オヤジの盆栽ブログ」に変わってしまう日が来るかも?(笑)

 

最後の最後に。

今年の5月、ブログ開始から1年経過した辺りで、週一回程度の更新とはいえ1年間続けられた事の達成感で少しブログを放置してしまいました。

その後は更新頻度が下がったものの、なんとか今年もブログを続ける事が出来ました。

これもひとえに、記事を読んで頂いた皆様、読者登録して頂いている皆様、スターを付けて頂いた皆様、ブックマークやコメントを頂いた皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。

また、はてなブロガーのYMのメンズファッションリサーチ様には、私がブログ放置中に励ましのコメントも頂き、とても励みになりました。

YMさん、ありがとうございました。

 

これからも自分のペースで、ゆっくりでも長く続ける事を目標にブログ運営していこうと思います。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

f:id:sp500factm30:20211231005558j:image

石木花のホームページはこちらです。

www.sekibokka.jp

ミニ盆栽も飾れる様に、プチセルフリフォームしたキッチンのオープンシェルフの記事も書いています。

よろしければご覧ください。

 

sp500factm30.hatenablog.com

 

広告